MARELLI REFRESHOE

MARELLI REFRESHOE

靴本来の役割として歩く、足を守る等の基本概念から歩行科学の医学博士、平沢弥一郎氏の‘スタジオロジー理論’を具現化した画期的なソールを開発し採用しています。‘左右非対称ソール’として快適安全歩行のための靴、MARELLI REFRESHOE(マレリーリフレッシュー)が1987年に誕生しました。

Marelli Refreshoe was developed by introducing Statiology Theory, proposed by Dr.Yaichiro Hirasawa, to their out-soles to protect the feet and to maximize walking function of the shoes. These asymmetric out-soles are quite unique and lead to the launch of Marelli Refreshoe in 1987.