GEORGE CLEVERLEY

GEORGE CLEVERLEY

創業者、GEORGE CLEVERLEY(ジョージ クレバリー)は1958年、60才の時に自らのブランドである「 GEORGE CLEVERLEY(ジョージ クレバリー)」を立ち上げました。ビスポーク靴専門メーカーとして多くの名だたるメーカーがひしめくロンドンで確かな技術とスタイルでその地位を確立、特に彼の代名詞となった「チゼルトゥ」(ノミの刃に似た直線と曲線が複雑に絡み合ったトゥ)はラウンドトゥが主流の当時の紳士靴にとっては大きな衝撃として迎えられました。1994年からレディメイド(既成靴)の展開をスタート、2010年にはGeorge Glasgow(ジョージ グラスゴー)の息子、George Glasgow Jr(ジョージ グラスゴー ジュニア)が当主となり、「Anthony Cleverley(アンソニー クレバリー)」ブランドを復活させます。現在は2つのブランドのビスポークとレディメイドをロンドンだけでなく、アメリカ、日本、シンガポールなどで展開しています。長年ビスポークメーカーとして培った技術、品格に独特の様式美を融合させた製品は世界中のセレブをはじめ多くの顧客に愛されています。

George Cleverley has established his own brand 'George Cleverley' in 1958, at the age of 60. He furthered his reputation to include some of the most illustrious names in London and became known for making the Cleverley shape - a graceful, chisel-toed shoe which became signature to his extraordinary craft. In 1994 they started production of ready to wear collection. In 2010, son of George Glasgow, George Glasgow Jr., became CEO of the company and revived 'Anthony Cleverley' brand. Currently both brands have bespoke and ready to wear collections, which are sold not only in London but in the U.S., Japan, Singapore, and so on. Cleverley shoes embody the technique accumulated as bespoke maker and are loved by celebrities of the world.