ANTHONY CLEVERLEY

ANTHONY CLEVERLEY

「Anthony Cleverley(アンソニー・クレバリー)」はイギリスの名門靴ブランド「GEORGE CLEVERLEY(ジョージ・クレバリー)」の創業者、ジョージ・クレバリー氏の甥として生まれました。アンソニーはジョージの下で靴作りを習得、その後、双方の靴作りに対する意見の相違から決別しますが、アンソニーは独自で美しさを追及したビスポーク靴を作る職人として名立たる著名人の靴を次々と生みだしていきます。1993年ジョージ・クレバリー氏が他界、翌94年にはアンソニー氏も他界します。数年後、現ジョージ・クレバリーのオーナーであるグラスゴー氏がアンソニーの姪が所持していた遺品の中からアンソニーが生み出したビスポーク靴の顧客台帳、作品集、木型などを発見しました。その美しすぎる靴に感銘を受けたグラスゴー氏がそれを復元、瞬く間に世界中の靴愛好家を虜にしました。こうしてアンソニー・クレバリー氏の靴は現代に蘇りました。

Anthony Cleverley was born as a nephew to George Cleverley who founded shoe maker 'George Cleverley', now renowned British shoe brand. Anthony mastered shoe-making under George but separated afterwards because of different opinion of shoe-making. Anthony pursued his unique way as a bispoke craftsman and produced shoes for many celebrities. George Cleverley passed away in 1993 and so did Anthony in 1994. A few years later, Mr.George Glasgow, current owner of George Cleverley brand, found list of clients, list of collection and shoe lasts in Anthony's inheritance held by his niece. Mr.Glasgow was so impressed by Anthony's extraordinary beautiful shoes that he reproduced the shoes and attracted many shoe enthusiasts' attention. Anthony Cleverley shoes have now revived in the contemporary world.