PANTOFOLA D'ORO

PANTOFOLA D'ORO

1886年イタリア中部のアスコリという街のサッカーチームにスパイクを供給し選手たちの足元を支えたことから、130年という長いPantofola d'Oro(パントフォラ・ドーロ)の歴史はスタートします。1950年代にはイタリアの名門サッカーチームのプレーヤーがスパイクを履き「これはスパイクではない、黄金のスリッパ(パントフォラ・ドーロ)だ!」と讃えた一言がブランド名の由来となりました。2000年以降、アスリート向けの本格的なスパイク製造で培ったノウハウを生かし、知的でノスタリジックな雰囲気を漂わせた大人のためのラグジュアリータウンシューズとしてリスタートを切りました。熟練された職人によるハンドメイドの確かなシューズづくり、選び抜かれた素材、洗練されたデザインの中に光る独特なアイデンティティーは秀逸で、シューズ作りの本場イタリアでも屈指のブランドとして注目が集まっています。

History of Pantofola d'Oro for 130 years begins in 1886 when the shoe-maker supplied football spike shoes to Ascoli team in central Italy. In 1950s a player in a prime Italian football team wore football spike shoes and praised that 'These are not spike shoes but golden slippers (pantofola d'oro)!'. This became the brand name. Since 2000, the company started to produce luxuary town shoes with intelligent and nostalgic atmosphere, using their accumulated experience of athletic footwear production. The shoes are hand-made by experienced craftsmen using only carefully selected materials. The refined design has its particular characteristics and the brand is regarded extraordinary even in Italy.