MARCO LAGANA

MARCO LAGANA

「もう何年も前のことだが、私が兄弟たちと家でかくれんぼをしている間、母親が靴のアッパーを縫っていたのを覚えている。」イタリアで1991年に生まれたマルコ・ラガーナは新進のデザイナーです。彼はミラノのファッション・デザイン学科を卒業、卒業作品は「フラッテリ・ロセッティ」とのコラボ企画で靴作りを実現しました。その後、何年か研究を重ねたのち、2013年に彼はパリに移り、靴ブランド「カミーユ・タノー」のクリエイティヴ・コンサルタントと製品デザイナーとして8ヶ月間活動しました。同年、メゾン・ピエール・ハーディのオンライン・コンテンツ編集者として働き、2014年5月、母国イタリアに帰り自身の名前を冠した「マルコ ラガーナ」を立ち上げたのです。

"I remember my mother sewing up shoe uppers many years ago, while playing hide and seek with my brothers at home. I would stop and watch her sew for hours".Born in Italy in 1991, Marco Laganà is an up-and-coming designer. He graduated in Fashion Design at Politecnico in Milan, presenting a footwear project realized in collaboration with Fratelli Rossetti. After his studies, in July 2013 he moved to Paris for eight months to work as a creative consultant and product designer for the shoe brand Camille Tanoh. In the same year, Marco worked as the online content editor for the Maison Pierre Hardy. In May 2014, He moved back to his home country and started his own eponymous brand.