LUDWIG REITER

LUDWIG REITER

LUDWIG REITER(ルーディック ライター)社は1885年、オーストリア・ウィーンで創立されました。現在の4代目当主、Till Reiterが創業100周年の1985年に事業を継承、伝統的なグッドイヤーウェルテッド製法の靴だけでなく、様々な製法のコレクションを発表、特に1995年に発表されたスニーカーは世界中に「レトロ・スポーツ靴」ブームを巻き起こしファッションブランドとしての地位を確立しました。現在はオーストリア・ウィーンの旗艦店をはじめ、スイス、ドイツ、英国で約20店舗の直営店を展開、その製品はヨーロッパだけでなく世界中の専門店を通して販売されています。

The Ludwig Reiter Shoe Manufactory was established in Vienna in 1885. In 1985, one hundred years anniversary of its establishment, Till Reiter, the fourth generation of Reiter family, took over the management of the company. Ludwig Reiter then expanded the range of shoes on top of the traditional Goodyear-welted shoes. The modern, innovative and very popular Trainer created a new retro-sport shoe craze in 1995 and Ludwig Reiter established its position as fashion brand. Ludwig Reiter currently operates about 20 own stores in Austria, Germany, Switzerland and Great Britain and its products are sold not only in Europe but all over the world through specialty stores.