COLE HAAN

COLE HAAN

COLE HAAN(コールハーン)は1928年、トラフトン・コールとエディー・ハーンの2人によってシカゴに設立されました。1930年~1940年、2人のクオリティーへのこだわり、斬新なデザインはブランドの信頼感を生み出しました。1950年代からのアイビー、70年代後半のプレッピー、80年代のヤッピーへとファッショントレンドか変化する中でも、コールハーンの靴は愛され続けています。日本では1960年代後半からコールハーンブームが巻き起こり、とくにピンチペニー(ローファー)は現在も変わらぬロングセラーとなっています。1988年、ナイキ社の傘下に入り、輝かしい伝統と革新的なテクノロジーが融合され新たなコールハーンが誕生し現在も進化し続けています。

Cole Haan was founded in Chicago by Trafton Cole and Eddie Haan in 1928. During 1930-1940 the brand achieved reliability among consumers due to founders' attitude towards quality and edgy design. Despite the change of trend, Ivy Look in 1950s, Preppy Look in late 1970s and Yuppie in 1980s, Cole Haan shoes kept beloved by consumers. In Japan there was a Cole Haan enthusiasm from late 1960s and one of the most popular model was Pinch Penny Loafer, which becomes icon of the brand until now. In 1988 Cole Haan became under Nike and since then keep producing new Cole Haan collection harmonizing its tradition with Nike's innovative technologies.